読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたのどれいのままでいい

関ジャニ∞や村上信五さんにあれとかこれとかうるさくいうブログという名のツイッターの延長です(Twitter:443108)

「関ジャニ∞ LIVE TOUR 関ジャニズム」初日を終えて

2014.11.16 札幌ドーム 15:00~17:45

おえかき
照明もそのままに突然始まるおえかき。ざわざわ。
今まで聴いてきて思ったことなかったのに、そしてわたしは8人厨でもないのに「足りない色はつくりましょう」が内くんのことに思えてしまってすでに涙目。足りない色を埋めるように、自分たちだけの色を探して、ずっと、ずーっと、そうじゃなきゃいけないかのようにいろんなところからはみ出しながらやってきた関ジャニ∞を思うと切なくなった。でも、はみ出してしまうことを「かまわないさ、ゆっくりゆっくり、あわてないで」と言える「今」にも泣けた。これが10周年かと。おえかきが、かわいいだけの歌ではなくなってしまった瞬間でした。

ブリッジ
コンサートの内容を関ジャニ∞がお届けする遊園地に見立てた一貫した世界観のブリッジ。ほんわりしたやわらかい映像。アンティークちっく?でかわいらしい仕上がり。

EJコースター
スモークが晴れたら横一列のメンバー。階段を降りてくる。セリフのところ、他のメンバーはコンサートっぽく変えてたような気がするけど、村上さんは「いやぁ、まいったなぁ」のままだった。

無責任ヒーロー
花道通ってセンステへ移動。

がむしゃら行進曲
センステ~バクステで。わりと躍る曲でダンスがかわいい。

RAGE
なんのタメもなくぬるっと始まったのでわたしとしたことが最初はRAGEが始まったことに気付かなかった。トロッコに乗ってバクステ~メインステへの移動。メンバーも散り散りで2番もなしの文字通りの移動曲。ああ、やっぱりメンバーにとってはアルバムに収録されてる曲の中のひとつでしかないんだなぁというごまかしようのない事実を突きつけられてしまって悲しみ落胆苛立ち怒りなどなど感情は急降下。RAGEに勝手な付加価値を付けてしまっていた自分が期待をかけすぎていたせいなんだけど、これはショックだった。

挨拶(村上)
持ち回り?村上さんだけ挨拶、というかアオリ。アオリあるならずっと村上さんかもなぁ。男性から子どもまで相変わらず(長々と)声を聞かれておりました。スタッフの声は聞いてなかった。ここまで羽織ってたジャケットを脱いでシャツにベスト姿のみなさん。「ぶぁかになろうぜ~~~~~!!!!!」は健在でした。

FUN8
ちゃんと歌ってないってことではなかったと思うけど、ラップが難しいのか、テンションがおかしかった。亮ちゃんも大倉も、しっちゃかめっちゃかだったような・・・楽しそうでよかったけど、やっぱり異様にしっちゃかめっちゃかだった。

三十路少年
ダンスがかわいくてよかった!かわいかった!すばるくんのゲス顔ほんとにゲスかった。今年はメロン熊ちゃんでおくち隠されてた。「でっしゃろ?」言ってなかった。ゲス顔のままほとんど微笑んだままで、それがむしろ怖かった。ヨコヒナのケンカは横ちゃんが恥ずかしそうに笑っちゃっててこっちが恥ずかしかった。「アホ」「アホ」の掛け合い後「うぇーい」後のハイタッチしながらすれ違っていくヨコヒナには発狂した。とーんの、お互いの背中に向かって手を伸ばすところぐらいせつな最高だった。最高だった。腕立て伏せソロ後まるちゃん見ながら「・・・盛り上がったからえっか」って言った村上さんにしぬほどときめいた。

ブリッジ
映像内にりんごが出てきたからまさか?もう?と思ったら。

アダムとイヴ
シャツにジャケット。いや、ジャケットあったかな・・・。横ちゃんが先の尖った真っ赤な靴を履いていて、赤いハイヒールにしか見えなくて足が特にエロく見えた。せり上がったり踊ったり、女性ダンサーとの絡みも、ふたりの絡みも特になく。脱衣などもなく。背中合わせで始まって、背中合わせで暗転して終わる。PVをなぞったような感じ。真ん中の一番大きなモニターでPV流れてた。両脇にステージ映像。

アイスクリーム
バクステから見て左手側にやすちゃん、右手側に亮ちゃん。ポップな衣装に大きなアイスクリーム型のマイク?を持って、両端に分かれて歌うヤンマーちゃん。大サビ前でセンステに集合するけど亮ちゃんが早く着いてやすちゃんがちょっと遅れそうで小走りで駆け寄ってるのがかわいかった。センステに集合してお互いのアイスクリームを相手に向け合って向かい合って歌うのもかわいかったし最後にくるっとふたりとも前向くのもかわいかった。ソロユニの中で、どれかと言えばいちばんPVとの違いが見えたのがアイスクリームだったと思う。


PVと同じビジュアルでメインステに並んで歌う。

ブリッジ

Masterpiece
センステにてもちろんしっかり踊ってくれる。ひいきめかもしれないけど村上さんがセンターになることが多かったように見えてうれしかった。村上さん、終始真剣な顔でキレよく踊ってて最高にかっこよかった。2番途中で背中越しにやすちゃんが振り返りながら後ろにいた村上さんと目を合わせて、そのやすちゃんと目があった時それまで真剣な顔してた村上さんが頷きながら一瞬ふっ、と優しく笑ったのが印象的だった。難しそうなダンスだったけどそんなことできるなんて余裕?ひなやすふたりして初日なのにちょっと余裕なの?できる男すぎてめまいがした。ほんとにあの笑顔は素敵だった。あと1番?最初の方にちょっとだけどひなすばちゃんが向かい合ってペアっぽくなって踊ってるところがあった。最高。そりそり背中合わせを経て今年はお互いを見つめ直し始めたひなすばちゃん最高。あと横ちゃんのななめ後ろで村上さんが踊ってるところがあって、双眼鏡で見てたらふたりが見えるんだけど、どっちがどうとは言わないしわからないけど、でも確実に横ちゃんと村上さんでは振りのタイミングが違ってた。わたしは村上担なのでいちおう自担をひいきすると、横ちゃんが遅れて、でも合わそうとして、余計にわしゃわしゃになっちゃってた。2008春の愛してる愛してない、横ちゃんが隣の村上さんの振りをちらちら見ながら踊ってたの思い出して懐かしかったけど、ますぴーは村上さん隣じゃないから見にくいんだよね。あとテンポが早いから見ながらやってたらやっぱり遅れちゃうね。練習しようね。

フローズンマルガリータ
これはよくぞ持ってきた!という選曲。十祭のランキングに入ってたわけじゃないのによく思い出せました!曲調に合わせたダンスでかっこよかった。間奏?でセンステから横に伸びた左右の花道に移るのによこひなはバクステから見て右手側に移動してたけど先に行かなきゃいけない横ちゃんが出遅れて花道に入るあたりでよこひながまごついてたのがおもしろかった。

ふたつ手と手
1番はセンステによこひなまるくら、お着替えチェンジでバクステにひなやすりょ。蛍光イエローに黒の大きめの千鳥格子?みたいな柄のジャケットに黒のズボンだったような。とにかくダサかった。ジャケットの形は長かったりブルゾンぽかったりでそれぞれだったけど、個人的には形だけ見ると村上さんのが一番ダサかった。

CloveR
ダサい衣装のままバクステにて。すばるくんがにこにこしててかわいかった。やっぱりクローバーの振りはかわいい。衣装がダサくても、かわいい!

T.W.L
トロッコでの移動曲。メンバーカラーのタオルを持つ。何人かは客席に投げてた。村上さんはバクステから真ん中の花道を走りながら、花道の途中でスタッフさんに渡してもらってた。投げてはなかったような気がする。

Cool magic city
みんな大好きクルマちゃん。メインステにおかえり。

MC
グッズの話。タオルにポケットが付いてるけどこれなに入れるんかな?ペンライト?でもちょっとはみ出るなぁ!おれ個人の場合やったら、鬼の手入れれるけどな~とやって見せてくれるまるちゃん。グッズの企画会議では毎回「関ジャニ∞オリジナルブラジャー」を出そうと提案してくるすばるくん。7色出そう!左右のカップを色違いにできるように選べるようにしよう!「こっち赤でこっち黄色とかできるように~」とすばるくん。手形を付けて掴んでる風にしよう、でも脱がせた時に他の男を感じさせるのはよくないのでは?そこまで想像せんでええねん!というブラジャー話。
公演前にひなすばふたりで!お風呂に入った時の話。特別喋ることもなく「ふいー」と湯船につかっていたら「出ましたよ!妖怪ケツ洗い!」とすばるくん。ケツがっぱーいって顔いって。あまりに見事でふたりで拍手した。メンバーによると妖怪ケツ洗いさんは地方の寒い地域、特に大浴場で出がちとのこと。横ちゃんはあまり遭遇してないらしい。
今年もいろんなことがあったね、という話。エイトレンジャーや24時間テレビなど。「JBオーラスも今年やし、福岡も行ったし、それ終わってエイトレンジャーの撮影して・・・いろいろ!」と亮ちゃん。「おれはやっぱり新年会が残ってるなぁ」と横ちゃん。家帰ってメンバーのサインが書かれた鉢植えを見たら思い出す。家に帰るたびに思い出す。ソファ座っても「ここの後ろでどっくん寝てたなぁ」とか。「時間止まってるじゃないですか」と大倉。
MC途中でハケる村上さん。勘付かれてざわざわ。メンバーもいじる。
それぞれのドラマなどの宣伝。道民のみなさんなら終演後帰ってごめしゅん間に合うよね?という横ちゃんに「どうみん?(横山くんなに言ってんの?)」と亮ちゃん。まる「しぶやんの映画も・・・」すば「はい」今回もタイトルは言わず。

愛 love you
キングは良くも悪くも他のユニ曲と同じで極端にキャラに走りすぎてすべりまくることもなければ照れを感じることもなく、意外性はないけど平均点といった感じだった。衣装もPVの感じだし、重そうなラジカセ担いで出てきたけど途中で降ろしてたし。わたしはやっぱり乗り越えられてなかったようでうまく楽しめなかったけど、それは村上さんのせいでも曲のせいでもなんでもなかった。キングはよかった。
曲が終わってキングのキャラのままセンステで次のコーナーの説明をする村上さん。暗転。力が抜けた。

Butterfly I loved
愛以外の何でもない
Fantastic music!
Revolver
アイライロ
ワンシャン・ロンピン
RAGEが移動曲だったこと、ソロ曲のこと、その全てがここにきて一気に、言葉にならないほど堪えた。あまりにショックで理解ができなかった。村上さん以外のメンバーは、それぞれのファンの多くがもう一度見たいと願うような、他担のわたしにとっても懐かしくて大好きなソロ曲を披露して、見せてもらえて、自担のソロはあれで終わりなんだと思うと、あれでいいとされたのだと思うと、ただただ悲しかったし、呆然としてしまった。見たかったものを楽しめないのもつらかったし、それでもそんなことよりも、ただただショックだった。ここから先はアンコールが終わるまでほとんど覚えてないのでおぼろげ。
バタフライはセンステから左右の花道右端。ジャケットなし?紫っぽいジャケット好きだったからあれ着てほしかった。流れてた映像、過去のコンサート映像がいっぱいだった。2008春もあった。ファンタスティックは左端→センステ。赤っぽい衣装ではあったけどオリジナルとは違う衣装だったようで。ぽんぽん付きキャップもなかったのかな?ひさしぶりに踊れて楽しかった。愛以外の何でもないは錦戸担だった時の最初のソロ曲で、前夜祭DVD待てなくてBSが映るおばあちゃん家まで行って少クラ見たくらい好きだったので、懐かしくてちゃんと見た白タキ黒シャツではあったけど衣装違い。バクステだった。リボルバーはメインステ左端。後ろにアーセナルさんのPV。アイライロはメインステ中央から。すごくかっこよかったようだけどあまり見れなくて、ワンシャンはバクステでオリジナルの衣装だった。どれもうらやましくていいメドレーだった。ワンシャンがまるちゃん担のみなさんが本当に求めているものかはわたしにはわからないけど、よかった。うらやましかった。
わたし、最後まで期待してしまってて。リボルバーが終わるまで、あと残ってるのはひなまるやすだから、もしかしたらWho's foods?が来るんじゃないかって。あの前奏が始まって、白スーツじゃなくても、大サビからでも、3人揃って踊ってくれるんじゃないかと思っちゃって。でもやすちゃんはソロがあって。じゃあ今度は、アイライロが終わったらYOU CAN SEEが始まるんじゃないかって。それでまるちゃんにもソロがあって、それでもまだ期待してた。村上さんのソロ曲、無限の想いとは言わないから、ひさしぶりに、2008春ぶりにForwardのダンスが見れるんじゃないかって。何かあるんじゃないかって、最後の最後まで期待しちゃってた。ばかみたいだね。

ブリッジ

絆奏

キングオブ男!
センステ→メインステ。ロングコートでスタンドマイク。バンドじゃない、この演出はすごくよかった。衣装も好き。絆奏を思い出してくれて、投票した甲斐があったものです。そしてファンにとっての「いい曲」が必ずしも長持ちするわけではないということを今回のキングオブ男では痛感した。キン男はかっこよくて素晴らしい楽曲だけど、曲の世界観がある意味パラレルなので、多少は披露する場を、衣装だけでもいいから、雰囲気を作り込まないと、曲そのものが浮くと感じた。そういう意味では、使いやすいという意味では無責任はやっぱり「いい曲」だと思った。初の30万枚越えのシングルだけど、グループの記録をもっている作品だけど、汎用性自体は低いのかもしれない。難しいなぁ。

好きやねん、大阪。
ワッハッハー
関風ファイティング
あおっぱな
へそ曲がり
フロート乗ってちょこちょこシングルメドレー。バクステへ移動。


どうせ「ゆ」のタイミング忘れてるんだろうと思ってたけど、思ったより「ゆ」って言えてた。最後の方で村上さんいなくなっちゃって、どこ行ったんだろうと思ってたらキーボードのあたりで白の衣装着てこしょこしょしてた。一番に位置につくなんてめずらしいなぁと思った。

バンドセッション
村上さんのキーボードソロ→横ちゃんのトランペット?→すばるくんのブルースハープ?、という風にだんだんメンバーが参加していく。これもよかったなぁ。みんなで音楽をやるグループなんだな、ってあらためて感じた。歓声もなくキーボードソロ始まったけど、個人的には心の中で拍手喝采だったよ。何も言わなくても、自分の中のエネルギーだけでもがんばれる村上さんだから、本当は心配なんてしたくない。本当はそんなもの、いらない。手元、見えなかった。震えてた?ちょっと間違えちゃってたっぽかったけど、よかったよ。かっこよかった。

ドヤ顔人生
言ったじゃないか
ほんとに楽器しながらの言ったじゃないかは難しいのかな?亮ちゃん以外はだいたいセリフがおざなりだった。村上さんもキーボードから目が離れてなかった。

挨拶(渋谷)
お互いがんばっていきましょう。重すぎない挨拶だった。

LIFE
わりとずっこけた。もちろんバンド。

ブリッジ
過去に撮ったオフショットと思われる写真が映されながらメッセージ。いろんな時期の写真があったなぁ。47とか。

オモイダマ
こんなにもオモイダマが響いたのは初めてかもしれない。個人的にはこのコンサートで、今までファンしてきた中で一番くらいの衝撃を受けたのですが、それでもやっぱり離れられないし、逃げたくないし、これはこれとして見守っていかなきゃなぁと思うし。まさに「報われる日もある、報われない日もある」「それでも選んだ道を悔やんだりしたことなかった」のフレーズに尽きるなぁと。LIFEの「まだまだ終わらないから」がここにきて沁みた。こんなところで終われるかーーーーーッ!!!!!

無限大
ズッコケ男道
アンコールタオルなしだった!あとフロートが左手側から三馬鹿やすちゃんと右手側からまるくらりょで、三馬鹿におののいた。フロート上で三馬鹿は一切絡んでなかった。やすちゃんありがとうすぎる。村上さん見てたら、じゃんけんする→グーで勝つ→そのままガッツポーズ、というファンサをしぶい顔したまま5秒くらいで済ませてておもしろかった。奇行は目立たなかった。年下がやすちゃんしかいない三馬鹿フロートだからかもしれない。
拍手はしっかり長かった。すばるくんが客席の男子?に威嚇してて、それを咎めたり笑ったりしててひなすばちゃんがかわいかった。ふれあってた。笑いすぎて手つなぎ遅くなって、両隣の大倉とすばるくんの手を両方とも自分からぱしっと掴んだ村上さんかっこよかった。





初日は以上です。
これだから関ジャニ∞はやめられません。覚悟しとけよ♡

広告を非表示にする